ホームへ戻る

お問い合わせはお電話のみで承っております。

 お一人おひとりがよりよく生きられるように。
当センターは、地域の方々の“こころの悩み”相談施設です。

 当センターでは2、3歳の幼児の方への遊戯療法や保護者の方への相談から成人の方までの様々な心の問題の相談・カウンセリングを行います。本センターは、臨床心理士・公認心理師を目指す大学院生の実習機関としての役割を持っておりますが、ご来談の方には、まず教員や専門家がお会いしてお話をうかがい、その後の方針をご本人とも話し合った上で、専門的な訓練を受けている大学院生が担当することになります。個人の秘密は守りますので安心してご相談下さい。

 また、心理検査や発達検査もご要望や必要性に応じて、施行させていただきます。その際にも、大学院臨床心理学専攻の教授陣を中心として、複数の専門家が慎重に判断した後に、主に大学院生が施行し、専門家の指導を十分に受けたうえで分析、フィードバックをさせていただきます。

 今後は、心理検査とそのフィードバックのみのご依頼にも順次お応えしていく予定です。

相談内容
 チック、夜尿、吃音、起立性調節障害(立ちくらみ、朝起きられない)、学校に行けない、子どもの落ち着きがない、子どもとの接し方がわからない、職場の人間関係がうまくいかない、他人の視線が気になる、感情のコントロールが難しい、人と話す時に緊張してしまう、無気力になる、その他ご家族の中の問題、人生の様々な選択におけるご相談など何でもお気軽にご相談下さい。

相談スタッフと手順
 本学大学院臨床心理学専攻の教授陣と臨床心理士の資格を持った相談員が、まずお会いしてお話をうかがい、必要な場合は心理検査なども受けていただいた上で基本方針を立てます。それをもとにご本人やご家族と話し合いの後、臨床心理士・公認心理師を目指して専門的な訓練を受けている大学院生が担当いたします。担当の大学院生には、教授陣が責任を持った継続的な指導をしていきます。(女子大内の機関ではありますが、スタッフや院生には男性も複数おります)

当センターは完全予約制ですので、前もってお電話でご予約ください。
(専用の入口があります。ご利用案内およびアクセスページをご覧ください。)

2020/10/27
11月20日(金)閉室のお知らせ令和2年11月20日(金) 大妻学院 学校記念日のため閉室いたします。 ご不便おかけいたしますが宜しくお願いします。new!
2020/10/10
本日は通常通り開室です(10月10日)new!
2020/10/09
台風14号による影響について 2new!
2020/10/09
台風14号による影響についてnew!
2020/08/19
休業のお知らせ令和2年8月28日(金)~8月29日(土) 上記の期間、学会関連行事のため、 心理相談センターは閉室させていただきます。 休業中は留守番電話になっておりますのでご了承ください。 どうぞよろしくお願い致します。

もっと見る


アクセス

ユーザー機能

ログイン