ホームへ戻る

よくあるお問い合わせ

現在すでに他の相談機関(あるいは医療機関)にかかっています。その場合でも相談に行ってもいいでしょうか?

基本的には現在かかっておられる相談機関を続けて利用なさることをお薦めしますが、どうしてもという場合は、その機関の担当の相談員や医師の方とよく話しあって、紹介状を持っておいでいただくようお願い致します。

自分はそもそも専門的な相談機関に行くべきなのかどうかも、どのような所に行くべきかもよくわからないのですが・・・・?

そのような場合は、まず、申し込み時に電話で少しご様子をうかがいます。次に「コンサルテーション」として、1~2回お出でいただいてお話をうかがってからどうなさるとよいか、アドバイスさせていただきます。

スタッフはどのようなアプローチをする専門家なのですか?

教授陣・スタッフには以下の分野で活躍している臨床心理と発達心理の専門家がいます。
・カウンセリング(ロジャース派の来談者中心療法)
・心理療法(精神分析・夢分析、フロイト派・ユング派の心理療法)
・発達臨床・発達障害
・教育問題へのアプローチ
・地域援助へのアプローチ
・折衷/統合的心理療法
このように多様な専門家を抱えているのが当センターの特色です。基本的には、どのアプローチも15,6歳以上の方には面接・面談で、それ以前のお子様には遊びを通じて関わっていきます。

お電話でのお問い合わせ、ご予約はこちら
042-372-9132

最終更新日:: 2014/03/20(木) 23:16 JST|表示回数: 5,232


アクセス

ユーザー機能

ログイン